早く結婚して人妻と呼ばれたかった   no comments

Posted at 4:50 pm in 他者という存在

出会い系サイトでの婚活ブームに押され、私も出会い系サイトでの婚活に乗り出しました。とにかく早く結婚して人妻と呼ばれたかったのです。結婚相談所が確実だと聞き、いくつか検索して調べてみましたが、入会時のキャンペーンなどが色々あるようなのです。成婚しなければ費用の一部を返金としていたり、入会時に友達を紹介すれば費用の一部が割引になるという場合もあります。軽く調べただけでもすごく多くの結婚相談所があるので、どこにするか迷いますが、私に合ったところを探したいと思っています。出会い系サイトでの婚活でありがちなトラブルですが、会ってみた異性が酷い人間でトラブルになったというものです。結婚相手を真剣に探しているのではなく、都合の良い遊び相手や愛人を探している場合や、結婚を口実に違法行為に勧誘しようとしたり、お金を貢がせようとするなど、結婚詐欺と言えるようなトラブルになってしまうこともあるのです。こうした心配事を回避して出会い系サイトでの婚活を行うとなると、結婚仲介業者の中でもトラブルに強く頼りになるところを探すのが一番だと思います。いわゆる大手の結婚相談所というのは、地方都市の小規模な結婚相談所などと比較すると、高い確率で良い結婚相手と出会えるでしょう。登録者数が多いのも理由の一つですが、それに加えて、今までのデータやノウハウによる利用者へのサポートが行き届いていることも理由です。利用してよかったと懐柔する人妻さんも多いいるみたいですしね。でも焦りは禁物です。別に人妻と呼ばれることに何の意味もないわけですから。
人妻出会い系サイト

Written by franciscansofdivineprovidence on 11月 15th, 2015

知っているようで知らない事   no comments

Posted at 10:42 pm in 創造的

陰のう内部には、4センチほどの大きさと言われるソラマメのような形をした2つの睾丸があります。睾丸で精子がつくられて、男性ホルモンであるテストステロンの分泌をしているようなんです。精子の生産は思春期から開始されて、死ぬまで続くわけですね。一般的に、睾丸が大きいほど精子の製造能力も高いと言われています。睾丸の内部は小部屋に分かれていて、そこにある歯精細管という渦巻き状の管で精子がつくられるようです。睾丸でつくられた精子は、睾丸の上部から後方にかけてある精巣上体へ送られて蓄えられるようです。精巣上体は、らせん状に巻いた管で、伸ばすと約6メートルにもなると言われている器官なんです。精子はこの中を移動しながら成熟して、受精能力を獲得するというわけですね。2つの精巣上体からは精管が伸び、精管膨大部につながっているということなんです。成熟した精子は、ここにいったん蓄えられます。精管膨大部の先で左右の精管が合流して、精液のもとになる物質を分泌している前立腺の中を通りながら、射精管を経て尿道へ通じているということのようですね。

Written by franciscansofdivineprovidence on 2月 5th, 2015

最初の性欲   no comments

Posted at 9:44 pm in 欲求の比較

男性でも女性でも最初の性欲というのははっきりしたものではなく、何となく股聞がムズムズするという感覚のことが多いようですね。男性の場合は射精で快感を得るため、精通すれば性欲と勃起と射精のつながりというのがわかりますよね。女性の場合は、第二次性徴が始まっておっぱいが大きくなってくると、自分でふっと触ったときの乳首の感触が、あれっ何かちょっと違うな、という感じで、子どものときとは違うのに気づくようになるわけですね。くすぐったいという感覚は変わらないのですが、そのくすぐったさの正体が何かというのがだんだんとわかってくるということなのでしょうね。女性には初潮があります。それによってホルモンバランスがすぐに変わるわけではないのですが、その時期を境に大人のそれへと徐々に変わっていくということなのですよね。それにしたがって少しずつ変化していく自分の身体感覚に気づくことになるわけです。男性のように射精によって簡単に性欲を理解できるわけではないのです。だから女性は頭でいろいろ考えながら大人になっていくということなんでしょう。
不倫サイト

Written by franciscansofdivineprovidence on 9月 16th, 2014

沢山の出会いを経験でき素敵な恋愛ができる   no comments

Posted at 7:54 pm in 他者という存在

とても複雑に絡み合って難しくなってしまうケースも多い母親と娘の関係。娘は、不満をぶちまける親の姿を見て、「私を育てるのはさぞかし大変だったんだな」ともう一度親との距離を測り直せばいいと思います。「だから、これだけ執着するんだな」と理解しながらも、自分がいまいる場所で何をすべきか、しっかり考えて行動することが必要でしょう。母親への意識を「母親」から「親戚のおばさん」ぐらいにシフトすればいいと思います。母親に対するコミュ二一ケーションを、感情を強く盛り込んだものから、少しずつクールなものへ変化させていくのです。「お世話になっています」「この間はありがとうございました、助かりました」「先日のお礼です、どうぞ受け取ってください」言葉にはしないものの、気持ちのなかではこの程度ぐらいにすればいいかもしれません。わがままを言って甘えたり、本気で感情をぶつけ合うのは、独立したら控えるほうがいいでしょうね。母親がぶつかってきても、さりげなくかわしたり、ときには距離を取るなどの対応をし、感情のもつれを引き起こさないことが大切です。ひとり暮らしなどで物理的な距離が取れる環境なら、さほどむずかしくないはずです。そして、次第にお互いが踏み込まない領域を増やしていき、それぞれに独立した生活を営むわけです。そうすればいちいち口出されることもなく、自らも沢山の出会いを経験でき素敵な恋愛ができる可能性も高まるのではないでしょうか。

Written by franciscansofdivineprovidence on 1月 19th, 2014

絆や出会いを大切にする   no comments

Posted at 9:28 am in 感情

ノーマン・カズンズはそのような攻撃をそらすことに成功した。『笑いと治癒力』で詳しく述べているように、カズンズは、背中の痛みと硬さに苦しみ始めたときに、急性強直性脊惟炎、すなわち脊椎リューマチ性関節炎と診断された。医師は、このまま推移すれば脊惟が歪曲し、重度の障害おになるという。この病気にかかった人なら、痛みと炎症はそのうちやむことを知っているが、歪曲の障害は永久に残る。医師たちは、医学的には治癒法がないので、病気の急性別でも入院する意味はあまりないという。ノーマン・カスンズは退院し一つの方法を選択したところ、それが功を奏して完全な治癒と医学的に確認される状態に至ったように思える。彼のしたことは、彼の免疫システムと直接関係のないことだが、自分の人生をより効巣的にコントロールすることと大きな関係がある。カズンズが病気になった状況の説明によると、彼が自分の人生をコントロールできなくなったことは明白である。カズンスは重要人物であった。それまでは誰もが彼の言葉に耳を傾け、重きを置いた。しかし、彼の世界援助プロジェクトの一つにとって重要であったある人物が、彼のことを無視したのだ。彼の上質世界にある、著名な実力者という自分自身のイメージ写真がひどく揺すぶられ、彼の人生はあっという間に効果的なコントロールを失ってしまった。それほどまでに大きな力であるので、逆方向へ噴射してしまうとまさに大変なことになってしまうわけですね。大切な人との関係が崩れてしまっているケースでも、そのような逆噴射が影響していることが多かったりするのです。絆や出会いを大切にするためにもそのような構造は理解しておくほうがよいのかもしれませんね。

Written by franciscansofdivineprovidence on 11月 4th, 2013

あまりにも破壊的   no comments

Posted at 8:59 pm in 破壊的

私たちの創造システムが私たちに新しい、しかし破壊的な生理反応を提供するときに、これを私たちは拒否できない。自分の人間関係を改善することが実際にこの破壊的過程の速度をゆるめたり、止めたりする。それが分かっていなければ、大変な害を被ることになるかもしれない。この破壊的な生理反応のよく見られる例が、リューマチ性関節炎のような、自己免疫疾患である。この過程は、あまりにも破壊的で、不可解ではあるが、何か、流れを変える選択があると、今でも信じている。この過程を説明するために、心身症という一般的な表題を使うことにする。心身症、創造性の闇の部分、こうした病気がいつ発症するか、あるいは、どの程度コントロールを失うと発症するのか、予測する方法はない。例えば、リューマチ性関節炎は発症するまで、病気にかかったことが分からない。私たちが破壊的に創造的になり始めた最初の段階で、自分で、あるいは良いカウンセリングを受けて、何か役立つことがあるはずです。このような病気にかかっている人は、医学的治療を受け、医師の指示に従うことをする。 Read the rest of this entry »

Written by franciscansofdivineprovidence on 11月 2nd, 2013

感情を拒否することはできない   no comments

Posted at 2:21 pm in 感情

これは一つの選択であると理解できれば、自分の行為と思考を自らコントロールできる。話しているのは、私たちにとって、とても新しい、暴力的、または自殺願望の思考と行為が提供されるときのことだ。また、狂った、精神異常の思い、あるいは、通常精神分裂病とか両極性精神病と呼ばれるようなものが提供されたときのことだ。あるいは、私たちが孤独なときにしばしば起こる、強迫神経症的なものが提供されたときのことだ。また、心的外傷体験にさらされ、苦しみを感じながらも、創造的に対処するときのことだ。ほとんどすべての状況で、人間関係を改善することによって、このような思考と行為を拒否することができるかもしれない。そして、多くの人がそうしている。私たちが孤独であったり、不安な状態であったりすると、創造システムはまた、私たちに新しい感情を提供するかもしれない。 Read the rest of this entry »

Written by franciscansofdivineprovidence on 11月 1st, 2013

破壊的な創造性   no comments

Posted at 3:36 pm in 創造的

聴衆を魅了する感情を創造し、表現できるのも、偉大な演奏家の能力である。また、新しい、創造的な生理反応の例もある。瀕死の病人が危篤状態から回復するという、医学では説明しきれない方法を創造する。これら創造システムが機能する現象であるが、このシステムが機能するときに、苦痛をもたらす、自己破壊的な全行動を創造することにより、大きな害をもたらす可能性もあることを説明したい。この破壊的な創造性は、私たちが求めている良い人間関係が得られないときに、しばしば見られるものである。例えば、ちょうど彼が去って行ったときの彼女のように、孤独の傷をふさぐ効果的な行動を思いつかない。まさにこのようなときに、私たちの創造システムが働くのだ。このシステムは止むことなく活動し、あきらめることもない。 Read the rest of this entry »

Written by franciscansofdivineprovidence on 10月 31st, 2013

創造的に行動する能力   no comments

Posted at 2:48 pm in 創造的

精神異常の治療に用いられる創造性を破壊する薬物が使われなければ、またパーキンソン病がなければ(バーキンソン病にかかると、創造的に行動する能力が失われる)その心配はいらない。なぜなら私たちは頭脳の中に、全行動に創造性を付与する創造システムを持っているからだ。創造システムは、私たちが夢を見ているときのように、眠っている間にも作動している。しかし、覚醒時にこのシステムが何をするか創造システムのニ面性より重要である。どんな行動であれ、このシステムは創造性を付与することができる。私たちは偉大なスポーツ選手、ダンサー、外科医などの行為の中に、はっきりこれを見ることができる。彼らは比類なく創造的な神経細胞の妙技を行える。 Read the rest of this entry »

Written by franciscansofdivineprovidence on 10月 30th, 2013

相手の性格を責めても意味がない   no comments

Posted at 11:05 am in 欲求の比較

このような情報を使って話し合い、そして、話し合いの手段として、解決のサークルを使うとよいでしょう。解決のサークルから出ずに、自分の行動しかコントロールできないということを受け入れるかぎり、どんなことでも話し合いで妥協点を見いだすことができますから。選択理論の根拠を理解すれば、相手の性格を責めても意味のないことが分かります。それは背が低いとか、海産物アレルギーだと言って、相手を責めるようなものと全く同じことなのですから。互いの欲求の強さを自覚する努力をすれば、二人で使える情報が得られる。人間関係を良くするためにこの情報を使う気持ちがあれば、互いの欲求を調べることで、互いの関係がより近くなる。ほとんどの人は、それほど致命的な関係ではない。解決は、実際の行動と同じくらい、実行しようとする気持ちのなかにある。妥協するということは、次のようなメッセージを送ることになる。 Read the rest of this entry »

Written by franciscansofdivineprovidence on 10月 29th, 2013

欲求を測定する   no comments

Posted at 11:31 am in 欲求の比較

欲求を測定するもう一つの方法は、理想世界の中を覗いて見ることですね。あなたが、二人の理想世界を分かち合うほどに理解しているなら、愛し合っている可能性は強いです。自分たちの理想世界を(別々であれ、一緒であれ)調べるときに、次の点に注意してください。理想世界が人間関係の良い人々で一杯であれば、愛と所属の欲求は高く、その人は幸福である。愛の欲求が満たされているからだ。美しい理想世界に入っている人数は少ないが、求は高く、所属の欲求は低いかもしれない。その人たちと親密であるという人は、美しい理想世界にいる人数は多いが、誰ともそれほど親しくないという人は、所属の欲求は高く、愛の欲求は低いかもしれない。美しい理想世界の人数も少なく、誰とも親しくないという人は、愛と所属の両方の欲求が低い。 Read the rest of this entry »

Written by franciscansofdivineprovidence on 10月 28th, 2013

欲求の比較   no comments

Posted at 9:45 am in 欲求の比較

それほど自分のやり方にこだわらない、人を所有したいとも思わない、最終決定権について争いたくもないという場合は、力の欲求は低い。いくぶんでも気になるようなら、恐らく力の欲求は平均的と言えよう。規則に従うことを考えたら我慢ならない、型にはめられるのは嫌だ、一カ所にとどまったり、一つのグループの中に長くいたりするのは嫌だと思う人は、自由の欲求が高いでしょう。少しそんな傾向があるという人は、白由の欲求は平均的である。型にはめられでも気にしない人は、自由の欲求が低い。楽しみの欲求についても同じことが言える。学ぶことが好きで、学ぶときによく笑う人は、楽しみの欲求が高い。教えるのが好きで、クラスで互いに笑う傾向があれば、楽しみの欲求はより一層高い。 Read the rest of this entry »

Written by franciscansofdivineprovidence on 10月 27th, 2013

女性は人間関係について考えてきている   no comments

Posted at 3:28 pm in 性行為と愛

女性であれば、愛を求めているのに男の子が求めているものが性的行為であるとか、所有したがる(力の欲求)とか、いつでも友だちと出かけたがる(自由の欲求)という事実について話し合っています。このような経験を使って、女性は人間関係についてかなり考えてきている。男性は、女性よりも力の欲求が強いので、このような話をすることはまれである。あなたが人よりもリスクを冒さないタイプであれば、それは生存の欲求が高いからだ。知り合いの誰とも同程度であれば生存の欲求は平均的で、友人の誰よりもリスクを冒す気持ちがあるなら、生存の欲求は低い。愛と所属の欲求についても同じである。愛と所属の欲求の強さを推測する鍵は、家族や友人と比較してどのくらい(得るかではなく)与える気持ちがあるかにある。この欲求は気をつける必要がある。愛のない結婚をする前にしっかりとお互いを知ることだ。 Read the rest of this entry »

Written by franciscansofdivineprovidence on 10月 26th, 2013

本当に必要なもの   no comments

Posted at 7:45 pm in 他者という存在

結婚するまで相手が自己中心的かどうか分からなかったというような人が増えてきているようですね。そこまで深い会話を交わすこともなく、相手が分かったような感じになって結婚してしまうということなのかもしれませんよね。でも実際にそうであれば、どうやればうまくいくのか、しっかりと考えていく必要があります。支配型コントロールの考えの持ち主には、相手が自分のために何をしてくれるかということが人間関係の中心にあるわけです。このような他人が中心の人間関係を理想としていると、本当に必要なもの(お任いが相手のために何ができるかを基にした人間関係)に気づくことはないのです。0・へンリーの短編小説「賢者の贈物」は、自発的セレクション理論を活かした愛の悲しみと喜びを描写していますね。人は、自分や友人の家族を観察し、本を読み、映画やテレビの番組を見て、理想世界の中で理想の相手を創造するのです。十代の頃に、特に女性は、なぜあの男子とあの女子がピッタリでないかを際限もなく友人と話し合ってきた。このようなすべての情報を基にして、自分が考えたり、話し合ったりした多くの点で、他人と比較して、自分がどんな状態かが分かるはずなのです。 Read the rest of this entry »

Written by franciscansofdivineprovidence on 10月 25th, 2013